ふと気づくと期限が迫っていました

商売でお金が急遽必要だったのですが、なるべく借り入れはしたくないと思いながら過ごしていました。
気づくと猶予は明日一日しかなかったので、即日のキャッシングを申し込んでみることにしました。
おすすめの学生ローンやカードローンなど、広告やネットなどで普段から金融系の広告は目の辺りにしていたのですが、実際に申し込みを行うまでは本当に即日で融資を行ってくれるのだろうかと若干疑いの気持ちもありました。
前に申し込みを行った時は、ある程度の日数を必要としていたからです。

午前中に申し込み

次の日に朝起きてから、まずは仕事を軽く済ませると時間は9時半過ぎでした。
午前中いっぱいは時間に余裕があったので、まずは電話をして色々と問い合わせてみることにしました。
その時は基本的に午前11時30分までに申し込みを行って頂ければ、即日融資できるということでした。
私が申し込みを行った時間は10時過ぎくらいでしたので、一先ずは安心できました。
次に聞いたことは必要書類についてです。
会社員などではない私は給料明細などが基本的にありません。
その為にどういったものが必要なのかと尋ねると、銀行のキャッシングの申し込みの場合は、書類は本人確認だけで良いということだったので、安心しました。

意外に早く終わる申し込み

一通り質問を終えると、電話での申し込みに移ることになったのですが、聞かれたことと言うのは、仕事のことや住まい・家族構成などについてで別段困ったことはなく問題なく終えることができました。
ですが、その中でも驚いたものというのもありました。
今回の融資については家族に秘密かどうかというのを聞かれたのですが、家族に秘密で申し込む場合でもキャッシングの審査については特に支障が無いと言われたことです。

本当に即日で融資可能でした

申し込みが終わった後は、大体40分ほどで審査結果の電話が掛かってきました。
予想より早く、まさか午前中に申し込みを行って12時前後に結果がわかるとは思っていませんでした。
その後は条件や簡単な注意事項を聞いて即日で振込するということだったのですが、14時過ぎに銀行で確認してみると本当に振込が確認することができました。