即日融資

今日中にお金が必要になってしまったら「匠」にお任せください!

はじめまして。

 

「即日融資の匠」で匠をやらしていただいている『藤岡』と申します。

 

私は見ての通り職人ですので、毎月の収入は不安定になりがちです。

 

なので、今のあなたと同じように、急なお金の出費が発生してしまうと、どうしても今手持ちがない・・という状況に度々なってしまいます。

 

そういったとき、藤岡は過去何度も即日融資可能なキャッシングサービスを利用してピンチを切り抜けてきました(※詳しいことはプロフィールページを参照)。

サイト管理人「藤岡」です

 

そういった経験から、わたくし藤岡と同じように、今日明日にでもお金が必要!という状況の方へ少しでも参考にしてもらえたらと思い、このサイトを作りました。

 

現在、世の中にあるキャッシングサービスの中には即日融資可能なところは結構ありますが、大事なポイントは『条件』です。

 

意外とこの条件がよくわかっていない方もたくさんいらっしゃると思うので、今回、即日融資の匠である藤岡がわかりやすく解説していきます。

 

このページも少々長いですが(笑)、即日融資を受ける上で【重要なこと】が書いてありますので、頑張って最後までご覧ください。

 

さらに、このサイトを隅々まで覧いただければ、あなたはこれ以上ムダなサイトを見ることなく、今日中にお金を借りることができると思います。

とにかくスグにでもお金が必要な方へ。今日中にお金を借りるためにはちょっとしたコツが必要なんです

どうしても今日中にお金が欲しい場合、消費者金融をはじめとする即日融資可能なキャッシングサービスを利用するのが一番確実なのです。

 

さらに当日借りれるという意味においては「即日融資」「即日振込」という言葉があり、厳密にいうと

 

即日融資
申し込みはネット⇒審査通過!⇒無人契約機に行ってカードを受け取る
(この一連の流れを申込日当日中におこなう)
即日振込
申し込みはネット⇒審査通過!⇒業者側がアナタの口座に振り込んでくれる
(無人契約機でカードを受け取る必要がない)

と、微妙に意味合いが違っています。

 

つまり即日融資の場合は、審査を無事通過できたからといってスグに現金が手に入るわけではなく、無人契約機に行ってカードを受け取る必要があるのです。

 

しかしインターネットの発達によって、今の時代はわざわざカードを受け取ることなく、ネット振込で現金を手に入れることができるようになりました。

 

どちらが良い悪いというのはありませんが、即日振込の場合、時間と条件は結構シビアなので、借りたい人全員におすすめできる方法というわけではありません。

 

絶対申し込んだその日に借りたい!なら『即日融資』が狙い目!

もしあなたが

 

絶対に今日中にお金が欲しい!

 

というのであれば、手続完了時間がシビアな即日振込よりもカードを受け取りに行く【即日融資】の方が、今日中に借りれる可能性が高いです。

 

しかも即日融資の場合、大手消費者金融をはじめ、銀行カードローンでも対応しているところがありますので、それだけ選択肢が増えるというメリットもあります。

 

また即日融資の場合、審査完了後にカードを受け取りに行くのですが、ポイントはカードを受け取れる時間帯です。

 

  • 大手消費者金融⇒21時まで(プロミスの場合22時まで可能)
  • 銀行カードローン(三菱東京UFJ銀行の場合)⇒平日20時まで

ここからもわかるように、融資までのスピードが早いことをアピールしている消費者金融の方がカードを受け取れる時間に余裕がありますね。

 

さらに即日融資可能な業者の場合『土日祝日でもカード受け取り可能』なところが殆どです!

 

ですので、本当に急な出費でも確実に対応できるという点においては「即日振込より即日融資」を選んだ方が賢いと思います。

 

もちろん時間と条件さえ合えば、即日振込でもいいですけどね。

銀行カードローンでも最短で即日融資可能なところはありますが・・

即日融資可能なキャッシングサービスといって真っ先に思い浮かぶのは、やっぱり消費者金融ではないでしょうか。

 

しかし一方で、最近では銀行が展開しているカードローンの中にも最短で「即日融資可能」なところが増えてきました。

 

主な銀行は・・

  1. 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  2. 三井住友銀行カードローン
  3. じぶん銀行カードローン
  4. スルガ銀行カードローン リザーブドプラン

 

などがあります。

 

意外と多いな!と思われるかもしれませんが、銀行カードローンの場合注意しなければならないポイントがあります。

 

それは【口座の有無】です。

 

銀行カードローンの場合、申し込みをする銀行の口座(普通預金の口座)を持っているか持っていないかで、融資までのスピードが変わってくる場合が結構あります。

 

例えば

  1. みずほ銀行カードローン
  2. 住信SBIネット銀行 MRカードローン

 

などは、その銀行の口座を持っていると、最短で即日融資が可能になる銀行カードローンです。

銀行口座があれば早く借入可能

 

一方、最初に挙げた4つの銀行カードローンなんかは、基本的に銀行口座の有無に関係なく最短で即日融資が可能なのが特徴です。

 

また、銀行の場合【営業日】も考慮に入れないとなかなか即日融資が実行できません。

 

特に土日祝の場合は、銀行が閉まっていますので、たとえ審査に申し込んだとしても、実際に現金を手に入れるのは営業開始日以降・・ということも結構あります。

 

ただ、大手銀行カードローンである

  1. 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
    (テレビ窓口でカード受け取り)
  2. 三井住友銀行カードローン
    (※在籍確認が必要)

 

この2銀行の場合、土日でも【条件】さえクリアできれば借りれが可能となっています。

 

ただ実際には、土日祝日で銀行カードローンから即日融資を受けるのは結構難しいと考えておいた方がいいでしょう。

 

そこはやっぱりスピード融資に定評のある消費者金融の方が圧倒的に有利なのは否めません。

 

なので、土日祝日でどうしてもその日に現金を手に入れる必要がある方は、銀行カードローンより、まずは消費者金融から借入を検討してください。

ポイントは【カード即日発行】ができるキャッシングサービス

消費者金融でも銀行カードローンでも即日融資を受けるまでの基本的流れは

 

ネット申し込み

yaji01

審査結果を受け取る

yaji02

審査結果確認後、無事合格できたら最寄りのATMへ行き、カードを受け取る

yaji02

カード受け取り後、ATMから現金引き出し

 

というのが一般的です。

 

これを【即日】に実行するためのポイントは『カードの即日発行』が可能かどうかです。

 

カード即日発行が即日融資のカギになる

コチラでも紹介している大手の消費者金融なら今はカード即日発行が当たり前になっていますので、即日融資も比較的問題なく実行できるのですが、中小の消費者金融だとカードそのものがなかったり、あってもATMからカードを発行できないので、結局郵送になってしまい、審査に合格しても実際に借りれるのはカードが郵送で送られてくる数日後・・なんてこともあるのです!

 

また、銀行カードローンの場合でもカード即日発行可能なところは、三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行など、やはり知名度のある大手くらいしかありません。

 

それくらいカードを即日発行可能なキャッシングサービスは意外と少ないのです。。

 

なので、即日融資を確実なものにするためには、必然的に大手の消費者金融か銀行カードローンに絞られてくるということを頭に入れておいてください。

カード受け取りに行く前にチェック!持ち物はコレ

前にもいったように、即日融資のポイントは『審査通過後にカードを受け取る』こと。

 

せっかく審査に通過したのに、郵送でカードを送ってもらっていては遅いのです!

 

だから受かったらスグに最寄りのATMへ行ってカードを取りに行ってください。

 

最初はちょっと面倒だな・・と思うかもしれませんが、自分が行動しているエリアのATMへ行けばよいわけですから、別に住んでいる近所じゃなくてもいいし、仕事場から近くなくてもいいんです!

 

逆に言えば、自分が全然知らない土地へ行ってカードだけ受け取ったってOK!

 

そうすれば、万が一知り合いに合う確率も殆どありませんよね(^^

 

ちょっと小旅行気分で電車に乗って、今まで知らなかった土地でカードを受け取りに行くっていうのもいいかもしません。

 

だから即日融資可能なカードローン業者選びには【ATMの設置台数】にも注目してください。

 

例えば、消費者金融業界でもATMが多いカードローンとして有名なのが

  1. アコム
  2. プロミス
  3. アイフル

 

です。

 

また、銀行カードローンの中でもカード受け取り可能なATMが多いのは

  1. 三菱東京UFJ銀行カードローン
  2. 三井住友銀行カードローン
  3. 新生銀行カードローン レイク

 

の3つです。

 

どちらも利便性が高く人気のキャッシングサービスですが、いざカードを受け取りに行く時、必ず持っていかなければならないものがあります。

 

それは【身分証明証】ですが、具体的には以下の様なものです。

  1. 運転免許証
  2. パスポート
  3. 個人番号カード(マイナンバーカード)
  4. 住民記帳台帳カード
  5. 健康保険証

 

などです。

 

この中のうち、地方の方なら運転免許証で特に問題ないかもしれませんが、都会暮らしの場合、免許証を持っていない方も結構いらっしゃいますよね。

 

カードの受け取りには身分証明証を忘れずに

そうなるとどうでしょうか、パスポートも海外に出かけない方なら持っていませんし、マイナンバーカードは個人的にもあまり出したくないです(笑)

 

だとすると次に所有者が多い健康保険証ですかね。保険証は都会の方でもお持ちの方が殆どですので、こちらでもOKだと思います。

 

ただ、業者によっては使えない身分証明証とかもありますし、例えば三菱東京UFJ銀行カードローンの場合、カード受け取りには「運転免許証」しか認められなかったりと、条件をつけてくる金融業者も稀ですが存在します。

 

でも殆どの場合、上記の身分証明書のうち『いずれか1つ』を持っていけば即日カード発行も可能でしょう。

 

まあ免許証があれば、それが一番無難ですけどね。

 

あとは、借入希望金額等、条件によっては身分証明証の他に収入証明書が必要な場合もあります。

 

特に『総量規制』の対象になる消費者金融の場合、50万円以上の借入は

  1. 給与明細書
  2. 確定申告書
  3. 源泉徴収書

 

などのうち、いずれか1つが必要になりますので注意してください。

 

銀行カードローンの場合も大きな金額を借りる場合必要になります。

 

ただ、即日融資の場合、殆どが今すぐ必要なお金なので、それほど大きな金額を借り入れする必要はないんじゃないかなと思いますが。。

 

特に『絶対今日中にお金を借りたい!』と思うのなら、ムダに大きな金額を希望せず、最低限必要な金額だけ借入を希望した方が、審査に通過する可能性はグッと高くなります。

既に他社から借入してても即日融資は利用可能

急にまとまったお金が必要になるときは誰にでもあることです。

 

でもその時、自分の手持ちがなかったら。。。

 

お金の悩みはある日突然やってくることが多いですよね。例えば・・

 

  • 忘れていた公共料金の支払い
  • クレジットカードの引き落とし
  • 当然起こった冠婚葬祭の費用等

 

でも、そんなときに頼りになるのが、即日、つまり申し込んだその日に現金を手に入れることができるキャッシングサービスです。

 

今はインターネットの普及により、昔より遥かにスピーディーにお金を借りることが可能になってきています。

 

しかし、今はネットからあまりにも簡単にお金が借りれるため、逆に複数の業者からローンを借りる人が増加しているという問題が起こっています。

 

もしかしたらこのサイトをご覧になっているあなたも同じような状況かもしれませんね(汗)

急なお金の出費は避けられません

 

しかしそれに伴い、カードローンの借り換えを利用している人も急増しているというのが現状です。

 

今すぐお金を借りたい!というニーズに各カードローン業者も柔軟に対応しているといった状況が現在のキャッシング業界ですが、借りる側も計画的な返済を考慮しながら利用するなど、一定のリテラシーが必要になってきました。

 

ただ、他社からの借り入れがあっても即日融資可能なキャッシングサービスを利用することはできます。

 

借金はあるけど、どうしても今日中にお金が必要になってしまった・・そんな時は、とりあえず即日融資でピンチを切り抜けてください。